SE転職

転職活動は在職中にすべきか離職してからすべきか

投稿日:

転職活動は時間も労力もかかります。それゆえ在職中にするべきか一旦離職してからするべきかは悩むところ。

結論から言えば出来る限り在職中にすべきです。しかしながら離職してから転職活動をするべき状況ももちろんありますし、メリットだってあります。

今回は転職活動を在職中にするか離職してからするか悩む人が結論を出せるようそれぞれのメリットデメリットを書いていきます。

 

在職中のメリット

1.収入が途切れない

まずは単純にお金の問題がないです。

貯金を切り崩さないで大丈夫なので、お金の心配をしなくてよいです。

月々の支出分貯金が減っていかないというのはかなり大きなメリットです。

2.最悪今の職場で働ける

転職活動の結果内定がでなくても職は失いません。

最悪今の職場で働くことができるので食いっぱぐれることはないです。

成功すればよりよい職場へ、内定がでなくても現状維持。これは転職活動中の精神衛生上も良いです。

3.面接で喋りやすい

直近の業務内容が今やっていることなので記憶も新しく喋りやすいです。

しかも直近の業務程次の会社で貢献できるようなことが多いので、転職先の会社も雇った後のことをイメージしやすく判断がより正確になります。

入ってビックリ雇ってビックリなんてならないようにするのが面接なので、お互いのためになります。

 

在職中のデメリット

1.時間が取りにくい

転職活動は労力がかかりますし、時間もかかります。

そして日々の業務もあるので忙しい人はなかなか時間が取れず、満足に吟味できないまま転職先を決めてしまう恐れがあります。

面接など転職先と日程調整も行う必要もあるので、時間がないという状態は大きなデメリットです。

2.バレないように気を使う

現職の人達に転職活動中だとバレると変な感じになります。

それもおかしな話ではありますが、一般的にはそうなのでバレないよう不審な行動は慎む必要があります。

まぁ結局業務中に個人携帯に電話がかかってくる上、出ないわけにはいかないので察しがついてしまうんですけどね。

3.疲れたまま次の会社に入社する

有給がしっかり残っていてかつそれを消化できる環境であれば問題ないのですが、そうでない場合疲弊したまま次の会社に入社することになります。

人間疲れているとミスを多発させます。特に転職する際は離職手続きや入社手続きも必要になってくるので一時的に疲労もさらに溜まりやすく、入社直後に仕事でミス連発となりかねません。

 

離職中のメリット

1.時間に余裕がある

普段の業務がなくなるため、自己分析や企業分析などといった転職活動だけに時間を割くことができます。

面接も転職先の企業に合わせることができるので決まれば一気に決まりますし、集中すれば短期でより納得のいく転職ができます。

2.資格や免許を取得できる

転職活動だけで一日を費やすのは逆に難しいので、資格や免許の勉強に時間を使えます。

履歴書にもいつ取得予定かを明記すれば書いていいものなので転職に有利にできますし、単純にスキルアップできるのでかなりのメリットです。

3.リフレッシュしてから仕事に臨める

新しい職場で働くにあたり、体力気力共にリフレッシュしてから臨むことができます。

特に入社直後は覚えることが多いので体力気力が充実していないと覚えられません。

つまり転職後のスタートダッシュを決めやすくなります。

 

離職中のデメリット

1.貯金が一気になくなる

収入が途切れるので貯金を切り崩す必要がでてきます。

自分の月々の支出を見直してみてください。その額が貯金から減ります。

時間は生まれますが貯金が一気に減っていくのはインパクトがあるので精神を疲弊させます。

2.内定がでない間将来への不安が凄い

内定がでない=仕事がないという状態になるため、一体いつまで仕事がないのかという不安にかられます。

自分が社会から必要とされていないという感覚に襲われ始めます。

そして妥協していき結局元の職場の方が良かったなどという自体にもなりかねません。

3.空白の期間の説明が必要になる

面接において空白の期間があればその理由を聞きたくなるのは仕方がないことです。

リフレッシュと資格の勉強期間だというのは正当な理由なのでそれでいいのですが、そうするとちゃんと資格を取得しておく必要があります。しかもダラダラ取らずに納得のいく期間で。

個人的にはリフレッシュだけでもいいと思ってます。空白の期間に関する質問で向こうが見極めたいのは「変に嘘をつく人間じゃないか」ぐらいでしょうから。

要はツッコまれて何も話せない、うろたえるということがないよう準備が必要になるという話です。

 

在職中に転職したいけど仕事が忙しい場合

在職中に転職活動しておきたいけど仕事が忙しくて時間がなかなか取れない。でもちゃんと転職に成功したい。そういった方は「転職エージェント」を活用すればよいです。

エージェントをつければ転職に関するあらゆる活動をトータルサポートしてくれますし、非公開求人を紹介してくれるのでよりよい会社に転職できます。

簡単に言えば自分の代わりにエージェントという転職のプロの時間を使って転職しようというわけです。

特にDODA(デューダ)は転職者満足度No.1という実績のある会社なので間違いないです。しかも完全無料のサービスなので活用しない手はないです。

詳しく知りたい方は公式ホームページをご覧ください。

↓↓↓エージェントについて詳しく知りたい方はこちら↓↓↓
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

終わりに

いかがだったでしょうか。

今回は転職活動を在職中にする場合と離職してからする場合の比較をしました。

在職中にしようか離職してからしようか悩んでいる方の手助けになっていれば幸いです。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

↓↓↓オススメ記事↓↓↓

転職手順まとめ。転職のやり方がわからない人はこれを読むといい。

転職したいけど面倒だなと考える人はこうやればいいんだという話

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Sponsored Link
Sponsored Link

-SE転職

Copyright© SEマイタケは人のふんどしで相撲を取る , 2019 All Rights Reserved.