独立の支援で会社を!?社長に会ってきた!(CASE3.独立支援会社社長 大岡さん)

      2017/03/18

どうも、ふんどし男マイタケです。

世の中にはサラリーマンが腐るほどいます。

しかし、自分の会社が好きで好きでたまらない人というのはそれほど多くありません。

「フリーランスになりたい!社長になりたい!・・・でもどうすればいいかわからない・・・」

「そもそもどんな人が、どういう思いでやっているんだろう?」

「すでにやっている人の話を聞いてみたい!」

そんな思いに応えるべく、私が実際に会いに行って話を聞いてきました。

Sponsored Link

いかにも社長な大岡さん

8月某日。昼過ぎに大岡さんのオフィスに出向く。

到着するとオフィスの一室に通され、アイスコーヒーをいただきながら大岡さんを待つ。

そこには様々な芸能人の方の写真が数多く飾られていた。

私はテレビはほとんど見なくなってしまったが、それでも知っている芸能人であったのでかなり有名な人が写っていたということだろう。

そんなこんなでポ◯モンをせずに待っていると、大岡さんが現れた。

 

今回は私とツーショットでご尊顔をば。

 

左の太いのが私。右が大岡さん。(※モザイクの裏でめっちゃ変顔してます。)

大岡さんの第一印象は、小中学校の同級生に似てるなぁだったがどうでもいいね。はい。

 

現在やっていること

大岡さんは現在、色々な会社と提携して独立をしたい人を支援する会社をしている。

一般的にこうだ」という内容ではなく、「この人はこういうタイプだからこうだ」という形で提案するのが得意だそうで、独立したい人にとってはその方がありがたいだろう。

提案する内容も、これで独立するんだ!というものではなく、その人に合った稼ぐ手段の提供という印象だった。

ここから先は個々人によって内容が異なるが、私の場合は向こう5年くらいまでは何とかいけるであろうyou◯ubeでの稼ぎ方を教えてくれる社長と繋いでもらえた。

具体的な内容は有料であろうが、最初の簡単な説明は無料とのことなので、まずは聞いてこようと思う。

 

サラリーマンにはなりたくなかった

大岡さんは社会に出るにあたって、サラリーマンにはならなかったそうだ。

ではどうするか。当時はインターネットが普及していなかったたどうすればいいか全くわからなかったとのこと。

それでもサラリーマンにならないという意気込みに、社長になる人というのはこんな感じかと納得した。

まずは代理店ビジネスをやるなどして、しっかり稼いだそうだ。

やれば何でも稼げると言っていたが、話す雰囲気としては何やっても稼ぎそうな印象をたしかに受けた。

そのうち仲間と会社を立ち上げたそうだが、自称コンサルタントに騙され数百万円持って行かれたそうだ。

数百万円くらいすぐ稼げるからそれは大丈夫だったらしいが、当時他の若者たちも同じように騙された人が多かったそうで、それがかなり衝撃的だったと教えてくれた。

そのことが今やっている独立支援会社を起こすキッカケになったと語ってくれた。

 

将来の夢

そんな大岡さんに将来の夢を聞いてみたが、大岡さんは夢や目的などは持たないそうだ。

というのも、今自分が思い描くものは今の自分の価値観、ものの見方の範囲内でしかないからだと。

強いて言えば世界を見て回りたいそうで、視野や価値観を広げるとやりたいことが出てくるので、夢を語ることはしないそうだ。

そしてこの記事を書いた月の翌月末に、1ヶ月かけてアメリカを横断すると聞いたので、奇跡を信じる人はアメリカに行ったら大岡さんと出会えるかもしれない。

 

終わりに

今回は独立支援会社社長の大岡さんと話をすることができました。

本当はもっと生い立ちや将来の夢などを聞きたかったのですが、色々あって聞けませんでした。次からちゃんとするから許して!!

服装も髪型もパシッと決めてらしてカッコいい社長という人でした!

またサラリーマンとして働かず、自分で事業を起こすというプロモーター色も社長としての風格を醸しだしていたのかなと感じました。

独立を目指す人は「一般的にはこうだよ〜」というセミナーに行くよりも「◯◯さんはこうした方がいいよ」という話を聞いた方がいいんじゃないかなと思いました。

社長になる人ってなんか雰囲気あるよね!

 

以上、マイタケレポートでした。

前 このイケメン、稼ぐぞ!話を聞かせてもらってきた!(CASE2.イケメントレーダー橋爪さん)

次 元パティシエのイケメンコンサルタントに会ってきた!(CASE4.お金大好きマン Kさん)

”脱サラした社長からの熱いメッセージ!”シリーズ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - フリーランス&社長インタビュー